解体作業に伴う諸問題

環境問題が厳しくなった現代の解体工事はただ解体してどこかに廃棄すればよいというものではありません。

様々な法律のクリア、廃棄物の選別、周辺住民への周知等が必要です。

これらは既に専門業者でないと判断できないものになってきました。

それほど環境問題は厳しいのです。

 

当社晴耕舎は大きなビルや橋梁の解体から一般住宅の解体まで様々な状況で解体を行ってまいりました。その中で多様な問題に直面し解決してまいりました。

解体作業に伴う諸問題もご相談ください、過去の経験から最も適切な方法をご提案いたします。

法律的手続きから住民への了解までケースバイケースで起こりえる諸問題も当社のスタッフがお手伝いします。

 

★下記のような万全な手順で抜かりのない解体工事を行っております。

 

調査
1、法律上の問題点
2、施工上の問題点
3、付近への影響
各チーム
1、各チームリーダー
2、作業班の決定
施工会議
1、住民への了解
2、行程と使用機械の決定
3、法律的な問題点の解決
4、産廃処理の作業の検討
対策安全会議
1、作業保険加入
2、仮設の対策
3、交通状況
4、各種作業員の資格のチェック
5、解体重機の点検

 

ご相談・無料見積もりは「お問合せ」からどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年3月27日 | カテゴリー : 解体 | 投稿者 : seikoh3